まちづくり

community

自治体・企業と当事者ニーズを
つなぐ、地域コミュニティの創造

DFCパートナーズ講座案内

地域のさまざまなステークホルダーが目指すべき未来の方向性を共有し、認知症の人を含む地域で暮らす人たちにとって生活しやすいまちをデザインしていきます。一人ひとりが繋がり協働し共鳴することでまちづくりの大きな推進力となり、まち全体の意識を変えます。

Ⅰ 基礎編まちづくりの始め方
個人 / 半日コース
Ⅱ 応用編認知症まちづくりファシリテーター講座
チーム / 2日間コース
Ⅲ 実践編ワークショップ
その他講師派遣
まちづくりの始め方
ワークショップ まちづくりの始め方

認知症の人にやさしいまちづくりを進めていく上で重要となる3つのポイント「コアチーム」「問い」「対話」についてお伝えします。

コアチームを作り、仲間を広げ、まちに変化を生み出した先進地域の事例を紹介しながら、考え方や手法を学び、各地域のまちづくりが展開されていくことを目的として実施します。

<対象>
・認知症まちづくりに関心のある本人、家族、医療介護関係者など
・自治体の認知症施策推進担当者

  • 認知症にやさしいまちの事例紹介
  • 認知症にやさしいまちをつくるための「対話」
  • 多様性のあるコアチームをつくるには?
  • 〜コアチームの仲間を招き入れるための「問い」を考えてみよう〜」
認知症まちづくりファシリテーター講座
DFCパートナーズ会社概要

認知症の人が住み慣れた地域の多様なステークホルダーと連携し、新しい解決策を創造していくために必要な「問いづくり」と「ファシリテーションスキル」を学んでいきます。

<対象>
・まちづくりの核となる3名1チーム(行政担当者1名+民間から属性の異なる2名)
・認知症の課題を核に、地域や組織に変化を起こしたい方
・認知症未来共創ハブのパートナー自治体枠と一般参加枠(選考あり)

※ 参加チームの構成イメージ
例1:行政・高齢者福祉課1名、認知症ケアに関わる専門職1名、認知症のご本人や家族1名
例2:まちづくりNPO1名、地域包括支援センター1名、認知症カフェ運営者1名

  • 認知症まちづくりモデルを理解する
  • 多様なステークホルダーを招き入れる問いの設定とそのための場の設計手法を理解する
  • ファシリテーションの基本行動とファシリテーターのあり方を体験的に理解する
2020年度
・長崎県:[研修]長崎県認知症地域支援施策推進研修
・福島県いわき市:[研修]いわき市福祉介護人材定着支援事業
・株式会社ミライロ:[研修]認知症対応マナー研修
2019年度
・自主事業:[まちづくり]認知症まちづくりファシリテーター講座
・愛知県豊田市:[まちづくり]「認知症の人の社会参加応援プロジェクト
2018年度
・東京都町田市:[まちづくり]認知症の人とその家族に対する支援事業(NPO法人として受託)
実績一覧
認知症の人にやさしいまちづくりの始め方